もしもの時のために改善術を覚えよう|メタボ撃退方法をマナブ

美容

睡眠と摂取が鍵

睡眠でメタボ改善

ダイエット

以前から健康に関する問題でメタボの話題をよく耳にするようになっています。それに関係するもので中性脂肪というキーワードもあります。中性脂肪はその名前の通り脂肪のことですが、これは中高年に見られるもので、健康診断に中性脂肪の数値が引っかかったという人は多く見られます。中性脂肪を付けないこともメタボ対策のひとつです。中性脂肪は脂っこいものを好んで食べているかたによく見られるので、脂っこいものを過剰にではなく適度に食べることが重要になってきます。もし脂っこいものを食べるにしても一緒に野菜や酢の物を食べると言った工夫をすることが必要になってきます。最近では脂肪をカットする効果や燃焼効果を高める効果を持っているサプリメントがありますので、これらを服用してみるという方法もあります。しかし脂肪燃焼効果をアップさせるにはサプリメントの摂取だけでなく、睡眠も大きく関わっています。睡眠をしっかりと取っていると痩せやすい、ということを聞きますがそれにあてはまるのです。実は脂肪燃焼やカロリーの消費は寝ている間にも行われているので睡眠をしっかりと取ることが重要になるのです。目覚めが良くなるだけでなく痩せやすくなるので、一石二鳥とも言えます。睡眠時間は7~8時間がベストと言われているのでその時間で睡眠を取るようにすると良いです。

お酒にも気をつける

睡眠も食生活もメタボのひとつである中性脂肪対策に注目すべきことですが、食生活に関しては脂っこいものを過剰に摂取しないということだけでなくまだ他にもあるのです。脂肪は過剰なカロリー摂取からついてきます。そのためカロリーが高いものはなるべく避けて食べるようにする必要があります。脂っこいものに加えて甘くて美味しいスイーツ、成人すると飲むきっかけが多くなるアルコールもです。アルコールはビールやチューハイそしてカクテルやワインといった種類がありますが、ものによってはカロリーが高いものです。ただでさえカロリーが高い飲み物、ビールに至ってはプリン体が含まれているのにおつまみも過剰に食べてしまうとあっというまに身体が脂肪の塊になってしまいます。アルコールを飲む時にはお酒の種類や量だけでなくおつまみにも気を使う必要が出てきます。